2017年12月04日更新

ミノキシジルタブレットの効果と副作用

男性の悩みのひとつとして薄毛があります。
特に男性の場合は年齢によって髪の毛のボリュームが徐々になくなってしまい薄毛が目立つようになるということだけでなく、年齢が20代や30代といった若い時期から髪の毛のボリュームがなくなってしまう症状があります。
若い時期に髪の毛のボリュームがなくなってしまう場合は特徴的な症状があります。髪の毛が生えている頭頂部から薄くなってきたり、前髪の生え際が薄くなり後退してくるという症状です。
これはAGAと呼ばれる男性型脱毛症の特徴でもあります。AGAの症状としては髪の毛のボリュームがなくなってくるなどこれまでにない変化が現れます。
早く気づいてヘアケアを行うことが必要となりますが、そのまま放置されてしまうことが多いのです。AGAの場合は進行型のためそのまま放置してしまうと薄毛になってしまうのです。
なぜこのような薄毛になってしまうか原因としては頭皮の血行不良といったことが考えられます。頭皮の毛根から髪の毛は生えているのですが、髪の毛は成長するためにも栄養分が必要なのです。
髪の毛は4、5年かけて成長をしているのですが、その為に必要な栄養が血行不良によって不足してしまうと十分に成長することができない、成長期間が短くなるのです。
髪の毛が十分に成長できない、成長期間が短くなってしまうと髪の毛のボリューム感もなくなってしまいやがて髪の毛は抜けてしまい、薄毛になってしまうということなのです。頭皮の血行不良が引き起こしてしまうAGAは早く対処することが必要となるのです。
発毛のためには血行不良を改善する必要がありますが、これは男性ホルモンや生活環境の変化などの影響があるためすぐに改善することが難しいということになります。
例えば頭皮をマッサージするというのも一時的には効果があるかもしれませんが、実際にAGAを改善することは難しいということになるのです。頭皮の血行不良を改善するためにはミノキシジルが効果があります。

ミノキシジルタブレットは個人輸入が可能です

人の髪の毛は10万本とも言われていますが、毎日抜けてしまいそれが原因で薄毛になってしまうのではなく、髪の毛にはヘアサイクルというものがあり4、5年かけて髪の毛は成長しますが、成長が終わるとやがて髪の毛は抜けてしまい、新しい髪の毛が生えてくるという繰り返しを行っているのです。
頭皮の血行不良が原因で髪の毛が十分に成長できずの細く弱い髪となりボリューム感がなくなる、抜け毛が多くなるということで薄毛になってしまうのです。
血行不良を改善して発毛するためにミノキシジルが有効であり、ミノキシジルにはタブレットがあります。
もともとミノキシジルは高血圧の薬として使用されていたのですが、ミノキシジルを使用することで多毛症の症状が現れることがありました。
この多毛症が髪の毛にも現れるということでその有効性が確認されたもので、ミノキシジルを使用することで発毛の効果が現れてくることになります。
ミノキシジルには副作用があります。主な副作用としては血圧低下や動悸、不整脈、顔や足のむくみ、頭痛といった症状が現れることがあります。
これら副作用に注意して、ミノキシジルのタブレットを服用することでAGAに効果があるのです。
ミノキシジルのタブレットはミノタブとして個人輸入も可能なのです。ミノタブを個人輸入する場合これら副作用にも注意して用法や用量をまもって服用することでAGAを改善することができるのです。
発毛の効果が現れるようになるのは、ヘアサイクルを考えても時間がかかることになります。途中でやめずに続けるということが大切です。
AGAの初期症状である髪の毛のボリュームがなくなる、抜け毛が多くなるといった症状があらわれた場合は早めに対処することです。

あわせて読みたい記事